安いコスメでも意外と活躍してくれる!

私は前まで高いスキンケアグッズを使っていましたが、効果を感じられず、値段的にも長く使い続けることも難しいため、安いスキンケアグッズに切り替えるようになりました。
中でもお気に入りなのが、無印良品の敏感肌用化粧水です。
しっとりタイプとさっぱりタイプがあるのですが、さっぱりタイプはほぼ水のような使い心地です。
私はオイリー肌ですが、しっとりタイプでも全然べたつかないのでしっとりタイプにしています。

muji

最近取り入れるようになったのが、バイオイルニベアの青缶です。
どちらもネットで有名な商品で、@コスメでもランキング上位に君臨しています。

青缶はハンドクリームとして使ったことがありますが、保湿力が高く、安いので使いやすかったです。
ただ、当時はもっとサラサラした使い心地を求めていたので買うのをやめてしまいました。
バイオイルもだいぶ昔に一度使っていたことがあります。
当時は身体の傷を消すために塗っていたのですが、効果を感じられずやめてしまいました。
しかしバイオイルとニベアの青缶を併用すると肌が綺麗になると聞き、現在は顔用に使っています。
まだ使い始めて数日ですが、これからの変化が楽しみです。

お肌に化粧水を浸透させるために。ちふれの化粧水を贅沢に使う!

洗顔後すぐに化粧水をつけるのはとても大切なことです。
さらに、化粧水のつけ方によって、お肌への化粧水成分の浸透具合が異なると感じています。
なぜなら、手でパパッとつけただけでは、肌にのせた化粧水はすぐに乾いてしまいます。
コットンでペタペタするのも、手で付けるよりは少しマシかもしれませんが、浸透具合はほぼ同じです。

これまで試した中で一番良い方法は、たっぷりの化粧水をつけたコットンを顔全体にのせて、しばらくじっとしているという方法です。
コットンは1枚を2枚に薄く分けて使用するので、顔全体では3枚の使用で済みます。

顔全体のコットンに染み込ませるのですから、かなりの量の化粧水を使うことになります。
そのため、化粧水は存分に使える商品でなければなりません。
そこで、ちふれの「化粧水さっぱりタイプ(詰替え)を使用しています。
お肌にもお財布にもやさしい化粧水なので、心置きなく使うことができます。

使い切りタイプの美容液が染み込んだ顔用パックが販売されていますが、お値段が高いのが難点です。
肌を潤すという理論は同じなので、コットン化粧水パックで経済的、かつ毎日美白のためのスキンケアがおすすめです。

オイリー肌にミョウバン水が使えるのでおすすめ!

私は極度のオイリー肌で、学生時代は顔全体にびっしりとニキビがありました。
年齢とともにだいぶ落ち着きましたが、今でもちょっとした事でニキビができたり、メイクしても一瞬で崩れてしまいます。
オイリー肌用の下地も色々と試してみたのですが、私の毛穴が開きすぎているからか、そこに下地が詰まってしまい、毛穴が目立ってしまいます。
そこで、スキンケアの油分を一切断ち切ることにしました。

化粧水も美容液もすべてオイルフリーのものに変えました。
また、できるだけ敏感肌用のものを選ぶことにしました。

洗顔は無印良品の敏感肌用洗顔フォームに変えました。
刺激がなくて、しっかり洗いあがるのでおすすめです。

私が特におすすめなのは、無印良品の敏感肌用化粧水(しっとりタイプ)です。
さっぱりタイプもあるのですが、こちらはあまりにもさらっとしすぎて顔がぱりぱりするので私には合いませんでした。
しっとりタイプはオイルフリーなのにほどよくしっとりして、刺激もないので使い心地がいいです。

化粧水のあとには、ミョウバン水を使います。
ミョウバン水はミョウバン水を使うとメイク崩れが劇的に少なくなり、顔のサラサラが長続きします。
身体に使うと身体のベタベタも抑えることができますし、夏場は汗も抑えてくれます。

私が実践しているオイルカットは、基礎化粧品のみで、メイク用品は今まで通りです。
ファンデーションなどをオイルフリーにするとカバー力がなくて意味をなさなかったり、メイクが崩れやすくなるからです。

オイリー肌は水分不足や過剰な油分のカットと言われることが多いですが、私ほどのオイリー肌だと完全オイルカットが一番効果的だと思います。
油分が出なければニキビができることも劇的に減るので、もし今のスキンケアが上手くいっていない人は、是非この方法を試してほしいです。

試して実感、乾燥肌対策。惜しみなく化粧水を使えば・・・

20代の後半に突入してからお肌の調子が悪く、とくに乾燥肌に悩まされていました。
わたしの場合は乾燥の度合いがひどくてメイクすらまともにできない状態でした。
ファンデーションを叩こうにも乾燥がひどすぎてムラになったり、皮がめくれたりと本当に悲惨でした。

そんなわたしがおすすめする顔面の乾燥肌対策はたっぷりの化粧水を惜しみなく使うことです。簡単ですよね。

ついつい高価な化粧水に手を出して効果を期待してしまいがちですが、
高価な化粧水をケチって少量だけ使うよりはリーズナブルな化粧水を大量に使った方が効果的でした。
こうしてお肌にじゅうぶんな潤いを与え続けることでわたしは顔面の乾燥から抜け出すことができたのです。

今でも化粧水は惜しまず使っていますし、
さらにパックを使用するようになってからは潤いだけでなく肌にハリまで出てきて調子は整う一方です。

日々のじゅうぶんなケアがなにより大切なのだと実感できました。

この太ももを何とかしたくて”おじぎダイエット”にチャレンジ中

woman-1224465_960_720

太ももが太いことがコンプレックスです。
ダイエットをしても、他の部分は順調に痩せることができるのに、太ももだけは言うことを聞いてくれません。

取りあえず今はおじぎダイエットダイエットなるものをやっていますが、
肌がキレイでもベースが太くで不格好だと何ともなりませんからね(^_^;)
⇒これは誰にも教えたくない!憧れのほっそり太ももが手に入る”おじぎダイエット”

実際昔から太ももが太くて恥ずかしい思いをたくさんします。
学生時代にいくつかアルバイトを経験しましたが、どのアルバイトでも制服が貸し出されます。制服を上下渡されても、上はぴったりなのに、下は太ももの部分がパツパツで、店長に苦笑いされる…という経験を何度かしました。

このようなことにならないように、してみたいアルバイトが見つかると、まず先にお店に行ってみて制服をチェックしていました。そして、制服がパンツスタイルであればアルバイトを断念していました。

また太ももが太いとスタイルも余計に悪く見えるので、基本的にスカートしか履きません。ホットパンツに憧れますが、太ももの太さが強調されてしまうので、履くことができません。周りの目が気になってしまいます。

スラっと細い女性を見ると、とても羨ましくなります。
こんなに綺麗なスタイルになれたら、たくさんおしゃれを楽しめるのになと思ってしまいます。
また男性も細く綺麗な足を持つ女性の方が魅力的に見えると思うので、私の足のコンプレックスは恋愛においてもとても不利だなと感じています。

「いつかの石けん」泡パックで毎日美白!

私は美白のために毎日洗顔時に泡パックをしています。

泡パックの方法は簡単です。
まず、洗顔石鹸をネットで泡立て、顔や体など気になる部分にのせます。
そのまま30秒くらい放置します。
お湯で流します。

これで泡パック完了です。

とっても簡単な上に、肌がもちもちになり、染みが薄くなってきたように感じます。
泡パックはゴシゴシ擦ったりする必要もないので、肌への負担も軽減されます。

泡を置いておくだけなので、汚れが本当に落ちたか心配でしたが、
毛穴に入り込んだ汚れもしっかり取れてとても満足しています。

私が泡パックで使っている石鹸は「いつかの石けん」というもので@cosmeで購入しました。
雑誌やネットでは毛穴対策の記事などによく紹介されています。

私は背中のニキビ跡も気になっているので泡パックを背中にもするようにしています。
固形石鹸で減りもそこまで早くありませんし、値段もお手頃なので全身に使っても良いかもと思っています。