オイリー肌にミョウバン水が使えるのでおすすめ!

私は極度のオイリー肌で、学生時代は顔全体にびっしりとニキビがありました。
年齢とともにだいぶ落ち着きましたが、今でもちょっとした事でニキビができたり、メイクしても一瞬で崩れてしまいます。
オイリー肌用の下地も色々と試してみたのですが、私の毛穴が開きすぎているからか、そこに下地が詰まってしまい、毛穴が目立ってしまいます。
そこで、スキンケアの油分を一切断ち切ることにしました。

化粧水も美容液もすべてオイルフリーのものに変えました。
また、できるだけ敏感肌用のものを選ぶことにしました。

洗顔は無印良品の敏感肌用洗顔フォームに変えました。
刺激がなくて、しっかり洗いあがるのでおすすめです。

私が特におすすめなのは、無印良品の敏感肌用化粧水(しっとりタイプ)です。
さっぱりタイプもあるのですが、こちらはあまりにもさらっとしすぎて顔がぱりぱりするので私には合いませんでした。
しっとりタイプはオイルフリーなのにほどよくしっとりして、刺激もないので使い心地がいいです。

化粧水のあとには、ミョウバン水を使います。
ミョウバン水はミョウバン水を使うとメイク崩れが劇的に少なくなり、顔のサラサラが長続きします。
身体に使うと身体のベタベタも抑えることができますし、夏場は汗も抑えてくれます。

私が実践しているオイルカットは、基礎化粧品のみで、メイク用品は今まで通りです。
ファンデーションなどをオイルフリーにするとカバー力がなくて意味をなさなかったり、メイクが崩れやすくなるからです。

オイリー肌は水分不足や過剰な油分のカットと言われることが多いですが、私ほどのオイリー肌だと完全オイルカットが一番効果的だと思います。
油分が出なければニキビができることも劇的に減るので、もし今のスキンケアが上手くいっていない人は、是非この方法を試してほしいです。

試して実感、乾燥肌対策。惜しみなく化粧水を使えば・・・

20代の後半に突入してからお肌の調子が悪く、とくに乾燥肌に悩まされていました。
わたしの場合は乾燥の度合いがひどくてメイクすらまともにできない状態でした。
ファンデーションを叩こうにも乾燥がひどすぎてムラになったり、皮がめくれたりと本当に悲惨でした。

そんなわたしがおすすめする顔面の乾燥肌対策はたっぷりの化粧水を惜しみなく使うことです。簡単ですよね。

ついつい高価な化粧水に手を出して効果を期待してしまいがちですが、
高価な化粧水をケチって少量だけ使うよりはリーズナブルな化粧水を大量に使った方が効果的でした。
こうしてお肌にじゅうぶんな潤いを与え続けることでわたしは顔面の乾燥から抜け出すことができたのです。

今でも化粧水は惜しまず使っていますし、
さらにパックを使用するようになってからは潤いだけでなく肌にハリまで出てきて調子は整う一方です。

日々のじゅうぶんなケアがなにより大切なのだと実感できました。